こんにちは。森のくまです。


本日も英会話でよく使われるフレーズを取り上げていきたいと思います。




先日、知ってるけど普段使ってこなかった使ってみようと思う英語のフレーズに出会いました。


本日は、「painfully aware of」です。

IMG_2429


I am just painfuly aware ofという表現で、「〜を思い知った・痛感する」という意味を込める事ができます。


先日、「私はlove legal」を見ていた際に見聞きしました。


I am just painfuly aware of 〜
〜を思い知った。

という字幕がついていました。


普段あまり使ってない表現ですが、これを使いこなせれば、気持ちがこもった表現をする事が出来そうですね!

今後は使っていきます( ^ω^ )




〈英会話フレーズ使い方〉

I am painfully aware of the importance.

(事の重大さを痛いほど痛感している)


英会話フレーズの記事は、出来るだけ面白いよく使われるものを、森のくまが選んで記事にしてきます。


アルクのキクタンは英会話フレーズの宝庫です⬇︎
FullSizeRender


アルクのキクタン英会話もスタートしています。


<アルク新講座:キクタンで英会話>



豊かな表現を身につけて、英会話を楽しくしてみましょう!今日のフレーズが日本人の口から出たら、きっとネイティブさんは喜ぶと思います。

前回の英会話フレーズはこちらです➡️英会話フレーズ set against〜

次も是非読んでくださいね~(^^


記事の内容がお役にたちましたら、
ワンクリックお願いいたします(o^^o)
   ↓

英語ランキング 

           ↓