こんにちは。森のくまです。


本日も独学での英語習得法について、私が実施してよかったと思う独学での英語習得方法をブログ記事にしていきたいと思います。

今日のテーマは、英語が話せるようになるトレーニング!!
オンラインで出来る瞬間英作文トレーニングです↓
その名も、YouCanSpeakです。


こちらから無料お試しYCSにアクセスできます➡️無料お試し版はこちらです!
      


瞬間英作文については、2011年頃から流行りだしましたよね。私はその当時書籍で瞬間英作文にとりくんでいました!!書籍でもかなり効果のある方法だと思います。瞬間英作文は大人の英語を話す回路の土台を作るのに効果的でした。

ただ、書籍だと、飽きてくるというより、自分のペースでトレーニングできますので、トレーニングに厳しさのようなものが足りなくなってしまいがちです・・

オンライントレーニングのYoucanSpeakですと、瞬間英作文にタイムリミットがあるので、必然的にその時間内に瞬間的に英語を発しないといけない状況になります。


これが、現実の世界で外国人を目の前にして英語を話そうとしている状態にかなり近いと思いました!!なので、独学の英語トレーニングなのですが、YouCanSpeakは、緊張感もあるので一層話す力が伸びたと感じます!!トレーニングに身が入りました!

YouCanSpeakと書籍での瞬間英作文の違いは、瞬間英作文の例文の豊富さと瞬間英作文の取り組みやすさ、英語学習の進捗や苦手な英語の例文が繰り返し出題されるところだと思います。また、英語の音声もストレスなく、聞きたいときに男女2パターンで聞けるところも魅力です!!YouCanSpeakの瞬間英作文を私は2年以上続けました。そのおかげで、どんな状況でも英語で自由にどんなことでも言えるようになりました!!

知らない単語も別の言葉で説明する事ができます!そうすると、Nativeの方からぴったりの英単語を言ってくれます‼️


私の独学での英語習得法において、私は以下の2つが大切でした!
  • 音読についての効果は絶大です。
  • 音読に加えて、瞬間英作文の効果も絶大です。

瞬間英作文のトレーニングですが、実は誰でも手軽にできるトレーニングではないと思います。日本語が出てきて、それを瞬間的に英語に直す訓練なので、ある程度の英語の下地は必要だと思います。英検2級ぐらいあれば全然OKだと思います。
(効果が高い反面、英語の初心者にはちょっと負荷が高すぎるトレーニングなんですよね)


なので、本日記事にしておりますオンライン瞬間英作文のYouCanSpeakは、少なくとも音読を続けている方であり、さらに以下の方々が適切な対象レベルだと思います。


<瞬間英作文トレーニングの適切な対象>
  • 瞬間英作文の書籍を1冊程度こなした方
  • 英検準1級を目指して学ばれている方(現在2級程度も含めます)
  • 既に取得されて英検1級を目指している方
  • 上記以外に、すぐに英語を話せるようになる必要がある方(海外赴任や海外出張が控えているなど)
  • 仕事などで、英語のプレゼン機会がある方

がトレーニング開始の適正レベルだと思います。

会社に、英語の会議で英語をペラペラとスムーズに話す方がいます。私も英語に興味がある人間なので、英語の習得方法の話をした際に、『私はYouCanSpeakを2年やった!!』という話をしたら、なんと相手もYouCanSpeak経験者だったのです。

意識の高い方を対象としたYouCanSpeakですが、スラスラ英語を話せるようになりたい方は絶対におススメです!


では早速、YouCanSpeakについて紹介していきたいと思います。

私は2年間YouCanSpeakを続けました。一度購入すれば1年間使え、延長も月ごとに選べるので、私は2年間使い倒しました!

自分に投資したのですが、振り返りますと十分ぐらい元を取り戻しましたよ!

こちらから➡《YouCanSpeak》まるで日本語を話すように、英語を話している。 
     

効果があると言われる音読だけですと、いくら音読だけ続けていても、「相手の言っている事がわかる」から先にある「自分の意見を英語で自由に話せる」まではなかなか到達しにくいと思われます。

音読をさらに昇華させて「暗唱」のレベルまでやり、さらに継続するとす実は最強の言語習得法になります(私の実体験です)

ところが、暗唱を続けられる方は、そう沢山はいらっしゃらないと思います。

飽きてしまいますのでね(これは仕方がない・・かも・(T-T)


楽しく続けられ、効果はすぐに出る英語習得法としては、瞬間英作文の右に出るものはなかなかお目にかかっておりません。


頭に浮かんだイメージを話す際に、文章を組み立てようと意識する事なく、スラスラと英語が言えるようになりたい!

そのような事が出来るようになる練習方法が、瞬間英作文だと思います!


〈瞬間英作文の最高峰YouCan Speak〉

オンライン瞬間英作文は、瞬間英作文の書籍とは段違いの使いやすさを発揮して、みなさんの瞬間英作文トレーニングを効率化してくれます。

YCS(YouCan Speak)⬇︎
  


こんな感じのオンラインの瞬間英作文トレーニングです↓
YCS1PNG

YouCanSpeakの具体的な記事や、体験版については、こちらからも読むことができます➡️オンライン瞬間英作文のYouCanSpeak


YouCanSpeakを体験してみたいなら、こちらから⬇︎
➡無料お試し版はこちらです!


〈You Can Speakのコンセプト〉

YouCanSpeakの瞬間英作文は、

以下の1.基本➡2.変化➡3.代入➡4.合成の順番でトレーニングします。

1.基本:基本となる文

<日本語>:

彼らは早く起きます。

<英語>:
They get up early.

書籍での瞬間英作文だと、ここで終了です。

 この文章を基本として、次々にどんどん発展させて長い文章を作成するのが、YouCanSpeakのスタイルです。どんな事でも言えるようになるエッセンスは、ここにありました!

 

2.変化:基本の名詞表現

<日本語>:

早く起きること

<英語>:

getting up early

次は、先ほどの基本の「彼らは早く起きます/They get up early.」を「早く起きること/getting up early」という名詞表現に変化させます。

基本文の名詞形は➡getting up earlyです。

 

3.代入:2の変化の文を挿入する文

<日本語>:

それは健康に良いです

<英語>:

It is good for health.

 

ここでは、1の基本や2の変化で作った文章とは、脈絡的に関係ない文章を作ります。

 

『それは健康に良いです』。

突然『それは健康に良いです』という英作文をやる事になります。(なぜ?と思う前に先に進ませてください)


ところで、3の代入で作った『それは健康に良いです』という文章は、

1の基本『彼らは早く起きます/They get up early』と2の変化『早く起きること/Getting up early』と文脈的に全然関係ない!と思うかもしれません・・

 

ところが、この3の代入で作った文章に、2の変化の表現を代入すると、より長い文章が出来上がるのです。


実は、これは最後の4の合成で、基本、変化と代入を組み合わせた長い文章を作るための下準備だったのです。

このように、段階を追って長い文章を無理なく組み立てる準備をしていきます。

 

4.合成 3の代入に2の変化の文を入れた文章(完成文)

<日本語>:

早く起きることは健康に良いです。

 

<英語>:
Getting up early is good for health.

最後に、2の変化と3の代入の表現を合成して、最終の長い文章を作ります。



トレーニングサイクルは1.基本➡2.変化➡3.代入➡4.合成の順番ですが、YouCanSpeakを使って、レベル4を完了させたころには、いきなり4の合成で自分の考えを英語で言えるようになっているでしょう!



YouCanSpeakで、トレーニングをやればやるほど英語で自由に話せるようになることが出来ます。

私は、今あるスピーキング能力の根幹はYouCanSpeakで培ったものだと思ってます。(他にも沢山のトレーニングを取り入れましたけれど、YouCanSpeakのおかげであるのは、間違いないです)

今すぐ、英語力を求められる場合は、すぐ効果が現れる瞬間英作文がお勧めです!

こちらから申しこみができます⬇︎
 



これまでの独学の英語勉強法に関する記事はこちらから読むことが出来ます。



記事の内容がお役にたちましたら、
ワンクリックお願いいたします(o^^o)
   ↓

英語ランキング 

           ↓